アサヒボンド工業会
お問い合わせ
TOP
事業内容
会員情報
東日本大震災復旧工事支援
施工事例集
技術情報
トピックス
新製品情報
UFセラトップ工法
ハイゼラス工法
会員専用ページ
ログイン情報
入会の申し込み・ご案内
アサヒボンド工業のホームページへ
 
高防錆塗装下地処理材 アンダーフィックス:
昨年に続き、南阿蘇鉄道椛謌齡註橋梁塗替え工事に採用される
  アサヒボンド工業鰍ヘ、南阿蘇鉄道鰍謔阨ス成19年立野橋梁に続き、平成20年4月第一白川橋梁塗替え工事用としてアンダーフィックスを受注しました。同塗替え工事は、叶テ岡塗装組により平成20年4月に開始され、良好な施工を経て7月に完了しました。立野橋梁、第一白川橋梁は、1928年(昭和3年)建設され、歴史的にも、構造的にも大変珍しいもので歴史的遺産とされています。立野橋梁、第一白川橋梁同塗替え工事は、アンダーフィックスを使用した新工法として国土交通省の審査を得て、鉄道軌道近代化設備整備費補助金交付対象案件となりました。ここに同塗替え工事の概要を報告いたします。
 
発注者:南阿蘇鉄道
 
同社は、1985年第3セクターとして設立され、立野を起点とし阿蘇五岳の南側を通り高森を終点とする延長17.7kmの路線を有しています。「トロッコ列車で行く、南阿蘇の旅」をキャッチフレーズに阿蘇観光、周辺の温泉郷の足として営業している。  
 
橋梁名称
立野橋梁
第一白川橋梁
建 設 年
1928年(昭和3年)
1928年(昭和3年)
橋   長
136.8m
166.3m
形   式
鋼プレートガーダー上路、
鋼トレッスル橋脚
鋼スパンドレル・ブレースト・アーチ
(2ヒンジ、バランスト、上路)
塗り替面積
約7,000u
約7,400u
工   期
2007年6月〜12月
2008年4月〜7月
元   請
叶テ岡塗装組
叶テ岡塗装組
  ■仕様
 
工程
商品名
塗り回数

標準使用量
(kg/u)

塗装間隔
希釈率
(%)
塗装方法
素地調整
SSPC SP−2錆、旧塗膜の劣化が著しい部分は旧塗膜、錆を除去し(層錆は確実に除去すること)鋼面を現す。活膜部分は粉化物、汚れを落として清浄な面とする。
下塗
アンダーフィックス
1回
0.15
3時間以上
0〜10
刷毛・ローラー
アンダーフィックス
1回
0.15
3時間以上
0〜10
刷毛・ローラー
中塗
UFミドルコート
1回
0.14
16時間以上
0〜5
刷毛・ローラー
上塗
デュフロン
100フレッシュ
1回
0.12
-
0〜5
刷毛・ローラー
 
 
立野橋梁   第一白川橋梁
copyright(C)2004 Asahibond Association